コンプレッサー購入☆お役立ちガイド

Home > コンプレッサーとは > コンプレッサーに関しての全般的な概要について

コンプレッサーに関しての全般的な概要について

 基本的に灯油やガソリン、電気などで起動をさせて、吸入した空気を圧縮した上で、エアーとして発射をしていくという仕様が、コンプレッサーの基本的なあり方です。
こうした基本的なコンプレッサーの構造仕様を踏まえながら、お話の方を進めて頂きます。
大抵の一般家庭用であるコンプレッサーの場合、レシプロコンプレッサーのタイプが、一般家庭や零細企業の小規模工場とかで多く利用されているような形です。
かなりな低価格である値段相場での購入が可能であり、コンパクトで移動なども容易なタイプであるものなどもありますので、本当にありがたい存在でもあります。
このようなコンパクトさという小ささで、持ち運びが便利でありつつ、発生させるエアーの強さが中々ありますので、清掃用や吸水ポンプとしての兼用も出来るタイプなどもあり、実用性が本当に高いところで評価があります。

 今度はスクリューコンプレッサータイプのものになりますが、このコンプレッサーの型式などは広く多くの国内外にある中小企業において、採用されている種類のものになります。
このようなタイプは、先程話したレシプロ様式であるものよりも大規模な構造からなり、大きな馬力でのエアーを発生させていくための、一対二本からなるスクリューローターを回転させて、ネジ溝部分で発生する容積変化を利用しながらエアーを発生させていくという仕組みですので、基本的に他の種類のコンプレッサーとは大きく異なります。
そうした構造で、一度の起動で大量のエアーを発生させていくといった、本格的な工業用のものですので、生産加工には本当に持って来いの貴重な存在といっても、決して過言ではありません。
音・振動などもかなり静かですので、そうした面でも評価が高い製品種類です。

 そして最後に、スクロールタイプであるものについてですが、こちらも先程のスクリュータイプであるものと同じ大型で馬力があり、静音で振動なども無く、一度で多くのエアーの発生・排出が可能になっている仕組みからなります。
その上、オイルフリーからなる構造仕様になっていますので、発生するエアー自体が大変クリーンさがあり、そうした面で評価が高いコンプレッサーの種類でもあります。
固定用と旋回用の両スクロールの間に空気が吸引をされて、互いの点対象にある圧縮室が小さくなり、それにより吸入をされた空気も圧縮されて、外への排出をされてエアーが中央部に位置している吐出口から発生をするといった、これも独特な仕組みになっています。
このように、大量のエアーをゆっくりした間隔で、多く発生をさせていく事が可能なコンプレッサーですので、ビルの換気用などで多く用いられたりしています。
以上が、今回の記事での、コンプレッサーに関しての内容になります。

次の記事へ

MENU