コンプレッサー購入☆お役立ちガイド

Home > コンプレッサーとは > コンプレッサーの種類と基礎知識

コンプレッサーの種類と基礎知識

 コンプレッサーは圧縮機のことですが、圧縮した気体を動力源として工作機械を動かす装置を指します。
よく知られているのは空気を圧縮して使うエアーコンプレッサーです。
空気圧を利用するNC制御の工作機械では必須の装置で、工具の脱着やエアーブロー、ツールチェンジや工具のスピンドル回転などに使われる動力源です。
近年はこうした工業的なものよりもずっと小さく、持ち運び可能な小型エアーコンプレッサーがDIY用として人気を集めています。
個人が自宅で使うエアー工具やエアーブローを利用した庭などの清掃、タイヤの空気入れなどにも広く使われています。
気体は体積を圧縮させて縮めると、反動で元に戻ろうとする力が働きます。
これは空気圧エネルギーですが、非常に強いエネルギーを持っており、さまざまな大型機器をも動かすパワーがあります。
コンプレッサーは、圧縮する気体や圧縮の方法、コンプレッサーの構造によってさまざまな種類に分類され、広く産業界で利用されています。

 それでは広く活用されているエアーコンプレッサーの種類についてまとめてみましょう。
タイプは複雑で機能や形状で分類されていますが、まずは空気を圧縮する方式を基準に見分けると比較しやすいでしょう。
まずレシプロコンプレッサーですが、シリンダー内のピストンを駆動して容積変化を起こし、空気を圧縮するタイプです。
ピストンが往復運動することから往復式コンプレッサーともいいます。
レシプロタイプは小型や中型の機種が多いため、広く活用されています。
ピストン運動をするため音が大きく振動も激しいのがネックですが、比較的安価なため最も販売されているタイプです。
次がスクリューコンプレッサーです。
ケーシング内で雄雌のスクリューローターが回転し、空気を圧縮します。
ローターが回ることから回転式コンプレッサーともいいます。
スクリューコンプレッサーにはオイル式とオイルフリー式とがありますが、オイルを必要とするタイプは雄雌のローターが接触するタイプで、オイルフリーは非接触タイプになります。
オイル式のほうが空気圧縮率が高く、トルクが強いのが魅力ですが、やはりメンテナンスには手間がかかります。
オイルフリーは空気がクリーンなこともメリットです。

 コンプレッサーは他にも湿式か乾式かでも分類できますし、車輪がついた移動型のタンクマウントタイプか据え置き型のパッケージタイプかでも分類できます。
また、空気を冷却する方式が水冷式か空冷式かという違いもありますし、圧縮段数が1~2段圧縮か多段圧縮かでも分けることができます。
近年では効率的に圧縮するために多様化が進んでおり、エアーコンプレッサーを選ぶ際にはスペックの細かな調査が必要となっています。
また、電圧(V)と周波数(Hz)もチェック項目で、特に一般家庭のコンセントを使うのであれば定格出力2KW以下の小型コンプレッサーで単相100V対応の機種を選ぶと良いでしょう。
周波数(Hz)は東日本が50Hz、西日本が60Hzです。
電動機定格出力(W)は、コンプレッサーのモーターを動かす消費電力を表し、馬力(PS)に比例します。
気体圧縮能力は選定する上で重要な項目ですので、事前に確認しておきましょう。
後は圧縮した空気を溜めておくタンクのL(リットル)と、1分あたりの空気使用量である吐出し空気量(L/min)も確認が必要です。

次の記事へ

MENU